一般社団法人名古屋林業土木協会は、愛知県、岐阜県及び富山県内に所在する国有林野に係る林業土木事業の実施を通じ、会員の技術の向上、経営基盤の強化などに関する事業を行い、もって国土の保全及び地球環境の保全並びに地域振興に寄与する事を目的とし活動している団体です。

協会概要

名称一般社団法人 名古屋林業土木協会
代表者名三尾 秀和
所在地〒456-0053 愛知県名古屋市熱田区一番一丁目14番4号
電話番号TEL:052-683-6165  FAX:052-683-6178
メールアドレスnago-rindo@mori-mori.co.jp
URLhttps://mori-mori.co.jp/
沿革昭和40年10月20日  法人設立
平成25年1月4日   一般社団法人化
会員数正規会員59社、賛助会員2社(令和6年1月1日現在)

事業内容

1 林業土木事業に関する安全の推進確保、技術向上に資する研修
2 林業土木事業に関する普及啓発及び広報
3 林業土木事業に関する調査研究及び情報提供
4 社会貢献活動等の実施を通じた山村地域振興への寄与
5 林業土木及び森林・林業に関する関係機関、団体との連携及び各種施策の推進
6 その他この会の目的を達成するために必要な事業

会長あいさつ

一般社団法人名古屋林業土木協会は愛知県、岐阜県及び富山県内に所在する国有林野の林業土木事業に関わる会員60社で構成しています。

2020年12月に、「防災・減災、国土強靱化のための5か年加速化対策」が閣議決定され、山地災害の未然防止や減災に向けて、林野公共事業においては路網整備を含めた森林整備対策や治山対策に重点的に取り組むこととなりました。私たち協会員は、従業員のコロナ感染予防対策を徹底し、林業土木事業など公共事業の円滑な推進に努め、地域住民の安全・安心を守る「地域の守り手」としての役割を果たしてまいります。

なお、当協会では森林吸収源の目標達成に向けた国民運動として「美しい森林(もり)づくり推進国民運動」に協賛し、運動を推進する「フォレスト・サポーターズ」に登録し、「国有林と地域を結ぶ」をコンセプトとし、レクリエーションの森などにおいて社会貢献活動に積極的に取り組みます。

会長 三尾秀和

事業及び財務等に関する資料

役員名簿

令和5年度 事業計画

令和4年度 事業報告

令和4年度 正味財産増減計算書

令和4年度 貸借対照表